0120-803-244

電話受付9:00~17:00(日・祝日除く)

お問い合わせ

戸建でディスポーザーをご検討の方

ディスポーザーの修理・交換実績

サービスエリアは首都圏1都4県!
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城

ディスポーザーの修理・交換はお任せください

サービスエリア・実績検索

search

詳細検索はこちら

最新のディスポーザー修理・交換工事実績 372ページ目

国産メーカーのディスポーザーのことならディスポーザージャパンにお任せください。

  • ザ・タワーズ台場EAST3.jpg

    TOTOディスポーザー交換作業/2018/03/09/TOTO/本体交換

    【お問合せ】
    港区にありますタワーマンション「ザ・タワーズ台場EAST」の一室を賃貸されているお部屋のディスポーザー交換のご相談をいただきました。不動産会社様を経由してのお問合せでした。お住まいになられていらっしゃるのは、賃貸者様でしたので詳しい症状や現状の写真等を頂き、スムーズに交換工事を進めることができました。
    分譲当時から設置されているのは、TOTOのディスポーザーです。約11年経過しているので、耐用年数を遙かに越えている状況です。この交換時期に達しているディスポーザーはTOTOのNJEシリーズで、全自動で給水してくれるタイプです。

    【お伺いさせて頂いての作業】
    お伺いさせて頂き現状を確認しましたところ、回転刃の錆も酷く各部が固着している状態でした。当シリーズにつきましては、既に部品はありませんが、仮に合った場合でも修理は難しい状態でした。各部を接続するネジやつなぎ目部分は固着し、それを外そうとすれば水漏れするような状況にありました。
    一般的にはディスポーザーは7年~8年が耐用年数と言われています。11年お使いになられておりますので、交換するタイミングとなります。

    【交換時期】
    全国的に見てもTOTOのNJEシリーズは多くのマンションで導入され、交換をご希望される方も多くなってきております。オーナー様も「階下漏水が起こる前に交換だよね」と認識をお持ちでしたので工事につきましても、スムーズに事を運ぶことができました。当マンションだけでなく、ディスポーザー付のマンションでは、漏水、故障前の交換をご検討頂きますようお願いしております。ディスポーザーの耐用年数の目安は7年~8年前後です。10年越えるものにつきましては、特に普段から注意深く確認が必要です。

    ディスポーザーの点検、故障、交換につきまして、ご不明点がございましたらお気軽にご相談下さい。

    MORE
  • グランイーグルWing橋本mae1.jpg

    TOTOのディスポーザーと水栓金具の同時交換について/2018/03/08/TOTO/本体交換

    【お問合せ時】
    グランイーグルWing橋本にお住まいのお客様よりディスポーザーと水栓金具の同時交換のご依頼を頂きました。壊れてはいないけれど、古くなっていらっしゃることで故障前の交換作業となりました。ディスポーザーは、TOTO製のディスポーザーを撤去し、新たに安永クリーンテック製のディスポーザの設置になりました。

    【作業】
    お伺いし状況の確認を行った後に作業に取り掛かりました。既存のディスポーザー、水栓金具を外し、新しいディスポーザーと水栓金具を取り付けました。水栓金具は、TOTOのTKGG32EBRをお選び頂きました。作業時間は、約2時間半ほど頂き、設置後の漏水テスト等を行い終了しました。
    お客様からも、「お金がかかるなぁと最初は思ったけれど、交換して新しくなったのでまた数年間は安心できる」と仰って頂きました。

    【TOTOのディスポーザー】
    TOTOはディスポーザーは事業を中止しております。部品供給につきましては、2017年12月末となっておりますので交換部品が無くなりましたら、ディスポーザー本体の交換となります。TOTO製ディスポーザーには、給水方式が2種類ございます。水栓から水が自動的に本体に給水されるか、それとも手動で蛇口をひねって水を出すかです。

    ディスポーザーの事でご不明な点は、ディスポーザージャパンまでお気軽にご相談下さい。

    MORE
  • セントラルコート船橋習志野台mae1.jpg

    ライトグリーンが鮮やかなLIXILミニポへの交換作業/2018/03/08/リクシル・Lixil(イナックス・INAX)/本体交換

    【お問合せ時】
    LIXILのディスポーザーが分譲当時から導入されているマンションのお客様よりご依頼を頂きました。一時的にディスポーザーを取り外していたので、新しく取り付けしたいとのご要望でした。
    セントラルコート船橋習志野台では、2007年の分譲当時にLIXILのディスポーザーが導入されています。今回は、同メーカーのミニポへの交換となりました。

    【作業】
    一時的に利用していた通常の排水を撤去し、受付時にお選び頂きましたミニポの取り付けを行いました。約1時間少々頂き交換を終了しました。

    【LIXILランドミルとLIXILミニポの違い】
    現在販売されているLIXIL製のディスポーザーは2種類ございます。一つはスタンダードなタイプのランドミルDPR、一つは、ミニポ(minipo)というライトグリーンのディスポーザーです。
    今回お選び頂きましたミニポは、粉砕室がステンレス製になっていいますので、汚れやカビの発生を防いで清潔感を保つことができます。また、寸法もコンパクトな為、シンク下が引出し収納の納まりも抜群です。音も非常に静かですので今までミニポをお使いになられた方も、そのまま同様の機種を希望されることが多い状況です。

    ディスポーザージャパンでは、お客様のキッチンの形状やご予算に合わせたディスポーザーのご用意がございます。
    ディスポーザーでのお困り事や交換、修理につきましては、お気軽にご相談ください。

    MORE
  • パークコート麻布十番ato2.jpg

    【港区】MAXディスポーザー付マンションにてキッチンとディスポーザー交換/2018/03/07/マックス(MAX)/本体交換

    【お問合せ】
    MAXのディスポーザーの交換のご依頼を頂きました。キッチン交換を数か月前に行い、一時的に通常排水にしている状態でしたが、もともとディスポーザーが設置されていたので、無いことに不便を感じディスポーザーを再度取り付けたいとのご要望しでした。

    【自動給水か手動給水か】
    お取り付けするディスポーザーのご要望は、清潔感を保ちたいので今までと同様のMAX社製のディスポーザーをお選び頂きました。また、自動給水タイプ(ふたスイッチを回すと自動的に蛇口から水が出る)をご希望でした。しかし、水栓金具(蛇口)がタッチレス水栓の為、全自動は諦め手動給水タイプでの交換作業となりました。当日は、配管とディスポーザーの排出口、トラップなどを接続しディスポーザーの取り付け作業を1時間程で終えました。

    【MAXのディスポーザー】
    MAXのディスポーザーは全部で3タイプあります。水栓金具から自分自身で水を給水してからスイッチを入れる手動給水タイプ、スイッチを入れたら自動的にディスポーザー本体に直接的に水が給水される自動タイプ、スイッチを入れたら自動的に蛇口から水が出る自動タイプの3種類あります。交換の際は、ややこしく感じるかもしれませんが、一つ一つお聞きして確認をしております。MAXは、この3タイプの給水方式がありますが、それ以外の特徴として、いくつかの魅力的な機能を備えております。それは、主なものとして2つご説明を致します。

    ■清掃性に非常に優れたディスポーザーである
    バスケットが取り出せるので粉砕したゴミがついて詰まることが少なくなります。ということは、ディスポーザーの詰まりで私共のような業者をその度に呼ぶ必要がなくなるということになります。(汗)
    お客様にとっては、日々清潔感のあるキッチンを保つことができますし、結果的に余計なコストがかかりづらいということになります。

    ■ブレード粉砕方式による噛み込みがしずらいこと
    カット式構造で且つ正逆反転方式ですので、10秒毎にゆっくりと正回転と逆回転を繰り返す為、異物の噛み込みを感知、防止する機能が働きます。低回転による瞬間ストップ式ですので、安心してお使いになれます。
    噛み込みを早い段階で感知することで、内部の損傷を防ぎますので耐用年数もおのずと伸びます。私ども業者を呼ぶ回数も格段に減るかと思います。(汗)
    お客様にとっては見えないところではありますが、非常に良い機能がMAXディスポーザーには付いています。

    ディスポーザーの事でご不明な点は、国産ディスポーザーを各種販売、施工を行う当社までお気軽にご相談下さい。

    MORE
  • シティハウス多摩川テラスmae1.jpg

    ディスポーザーの蓋が開かない状況(つまり併発)の修理/2018/03/02/テラル(Teral)/異物投入による噛みこみ

    【ディスポーザーの蓋が開かないというお問合せ】
    シティハウス多摩川テラスにお住まいで、ディスポーザーをお使いのお客様より蓋がロックしてしまったというご連絡を頂きました。ご利用頂いておりますのは、テラル製ディスポーザーで、スプーンを入れてしまいロックしてしまったというご連絡でした。

    【修理対応】
    現地にお伺いし状況確認をしましたところ、お使いのテラルのディスポーザーDSP-100Hのフタがロックしてしまい開かない状況でした。また、粉砕が中途半端な状態でロックしてしまったので、粉砕が完了せずに詰まりも併発していました。本体を解体し、スプーンを取り出す作業を行いました。スプーンや異物のサイズや挟まりかたにも盛りますが、場合によっては内部に強く当たり傷や衝撃により、内部を損傷してしまう場合もあります。また劣化を早めてしまうこともありますので、慎重に対応しております。

    【ディスポーザーのつまり対応】
    ディスポーザーの故障に多いのが、経年劣化による粉砕物の詰まりです。今回はスプーンがうっかり入ってしまい修理対応で可能でしたが、よく事例として多いのが、流してはいけないものや粉砕出来ない繊維物を入れてしまうと詰まりの原因になります。それ以外にも経年劣化による粉砕能力の低下により詰まりを起こす事が考えられます。耐用年数を遙かに越えている場合は、交換をご検討頂くのがよろしい場合もあります。

    ディスポーザーの詰まりや排水不良、水漏れがございましたらディスポーザージャパンまでお気軽にご連絡下さい。機種にもより様々な状況の違いがあります。弊社の「サービスエリア・実績」なども参考にして頂けますと幸いです。

    ディスポーザーの事ならディスポーザージャパンまで、お気軽にご相談下さい。
    分かりやすく丁寧に対応しております。

    MORE
PAGE TOP