0120-803-244

電話受付9:00~17:00(日・祝日除く)

お問い合わせ

戸建でディスポーザーをご検討の方

JR横浜線中山|ディスポーザーの修理・交換実績

サービスエリアは首都圏1都4県!
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城

ディスポーザーの修理・交換はお任せください

サービスエリア・実績検索

search

詳細検索はこちら

JR横浜線中山の工事実績

JR横浜線中山の工事実績をご紹介。国産メーカーのディスポーザーのことならディスポーザージャパンにお任せください。

  • 9BFD23B3-F891-4956-B5F1-A1CD117C6B67.jpeg

    設置から12年ディスポーザーから水漏れ!安永製自動タイプディスポーザーYD200BWPAとご交換/2020/03/13/安永クリーンテック/本体交換

    横浜市緑区にございます『森の台メープルランド』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    「10年以上使っているTOTO製のディスポーザーから水漏れしている」とお電話いただきました。
    お使いの機種はTOTO製の自動タイプで設置から12年経っています。
    また排水不良の症状もあるようで大変お困りのご様子。
    お客様もご交換をご希望でしたので適合後継機種の安永製YD-200BWPAと、今回は同時に水栓のご交換も承りました。
    この水栓の同時交換は、TOTO自動タイプディスポーザーからのお取替えの場合給水方式が変更になるため必要な工事となります。

    【現地にて】
    作業当日はお客様宅に伺い、まずは既存のディスポーザーの状態を確認します。
    本体からの水漏れはバンド部分からで、下に容器を置いて対処していただいていました。
    排水のほうはトラップを外しても、中の水が流れ出ないことから完全に詰まっていたようです。

    【作業を終えて】
    今回の作業は水栓と同時交換ですので2時間半ほどお時間を頂戴いたしました。
    取り付け後には試運転をし動作確認と漏水チェックをして作業完了となりました。
    これで今日から安心してお使いいただけますね。
    新しくなったディスポーザーこれからも快適に便利に長くお使いいただければと思います。

    ディスポーザーのお困りごと、ご相談はディスポーザージャパンまでお電話くださいませ。

    MORE
  • 12781-3.jpg

    TOTO製自動タイプディスポーザーからお水漏れ|森の台メープルランド/2020/01/31/TOTO/本体交換

    横浜市緑区にございます『森の台メープルランド 』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    「TOTO製のディポーザーから水漏れしているので交換したい」とお客様からご交換工事のご依頼を承りました。
    こちらのマンションではTOTO製自動タイプディスポーザーが設置されているのですが、すでにTOTOは生産を終了しております。
    そのため安永製自動タイプディスポーザーYD200BWPAとお取替えすることになりました。
    また給水方式の違いのためキッチン水栓も同時交換を承りました。

    【現地にて】
    お客様宅にて作業に入ります。
    既設のTOTOディスポーザーは漏水をしている状態で容器で水を受けていただいている状態でした。
    幸い階下への被害はなかったようで何よりです。
    新しく取り付ける安永製のディスポーザーはスイッチを入れるとキッチン水栓からお水が自動で出てくるタイプ。
    そのためキッチン水栓もお取替えとなります。
    今回、水栓と同時交換で2時間から2時間半ほどお時間をいただきました。

    【作業を終えて】
    試運転を兼ねて操作説明や注意事項をお話しさせていただきました。
    新しくなったディスポーザーこれからも快適に便利に長くお使いいただければと思います。

    ディスポーザーのご交換のご用命は、ディスポーザージャパンまでお電話くださいませ。

    MORE
  • 12088-6.jpg

    ディスポーザーの交換時期|TOTO製ディスポーザーお取替え事例|森の台メープルランド/2019/10/17/TOTO/本体交換

    横浜市緑区にございます『森の台メープルランド』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    「ディスポーザーから水漏れしていて早く交換して欲しいのですが…」とお客様よりお電話いただきました。
    お使いのディスポーザーはTOTO製の自動タイプ。
    すでにTOTOはディスポーザーの生産を行っておりませんので後継適合機種としては安永クリーンテック社製自動タイプをご案内しました。
    また給水方式が『直接流入方式』から『水栓割込み方式』へと変更になりますのでキッチン水栓と同時交換が必要となります。
    お客様にはこちらもご理解いただき工事を承ることになりました。
    お水漏れということで可能な限り早い日程でお伺いすることになりました。
    それまでバケツやタオルなどで応急処置をしていただくことに。

    【現地にて】
    まず既設のディスポーザーの状態を確認します。
    シンク下の本体を拝見すると、固定バンドが緩みそこから水が漏れているようです。
    経年劣化によりゴムが痩せたり弾性が失われることにより、固定しているバンドが緩むことがあります。
    ディスポーザーは稼働時に振動を伴いますので緩みが増大して落下してしまう可能性も…。
    水漏れも発見後すぐにご対処いただいたので、階下への漏水など深刻な事態にはならなかったようで本当に良かったです。
    さて、キッチン水栓と本体をお取替えしお時間は2時間半ほどかかりました。

    【作業を終えて】
    試運転を兼ねて操作説明や注意事項をお話しさせていただきます。
    「実は去年あたりからそろそろ取り換えなくちゃとは思ってたんですが、色々忙しくしているうちに後回しになってしまって」とお客様。
    耐用年数の7~8年を目安に予防交換されるお客様もいらっしゃいます。
    やはり知らない間に水漏れが一番怖いですからね。
    漏水はほんの少量から始まることが多いです。
    時々はシンク下の本体回りをチェックして異変がないか点検いただくことをお勧めします。

    ディスポーザーのお困りごと、ご相談はディスポーザージャパンまでお電話くださいませ。

    MORE
  • 12071-1.jpg

    TOTO製ディスポーザー取替え事例|森の台ウィステリアランド/2019/10/16/TOTO/本体交換

    横浜市緑区にございます『森の台ウィステリアランド』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【ご依頼の経緯】
    今回のご依頼はTOTO製自動タイプのディスポーザーからのご交換です。
    マンションにまかれる他社様のチラシなどで、お客様も適合する交換機種などはすでにご存じでした。
    「安永クリーンテックという会社のディスポーザーに交換するらしいんだけど、キッチン水栓はどうして交換しなくてはならないの?」とのご質問をいただきました。
    TOTO製の自動ディスポーザーはスイッチを入れるとお水が本体に直接流入するタイプです。
    そして新しくお付けする安永クリーンテック製ディスポーザーは、自動的にお水がキッチン水栓から出るタイプなのです。
    現在は逆流の可能性のないこちらのキッチン水栓からお水を流入させるタイプ=水栓割込み方式が主流となっております。
    以上の理由からキッチン水栓のお取替えが必要となっているんです。
    たしかにこの仕組みの説明がないとよくわからないですね。
    ちなみに自動ディスポーザーの対応水栓は『商品情報』から『安永クリーンテック』をお選びいただければ弊社取り扱いの機種と詳細がご確認いただけます。

    【作業の様子】
    現地に到着し、まずは既設のTOTO製ディスポーザーの状態を確認いたします。
    スイッチをONにしても反応なし、お水も出ていません。
    おそらく経年により基盤自体が壊れているようです。
    さっそく、水栓とディスポーザー本体のご交換工事に入ります。
    TOTOディスポーザー本体には構造上給水管がつながれていますが、お取替えする安永クリーンテック社製にはございません。
    このホースがなくなるだけで取付スペースも縮小されスッキリとした印象になります。
    普段見える場所ではないですが、収納にその分ゆとりが生まれます。
    さて交換工事のほうは約2時間ほど頂戴いたしまして完了となりました。

    【作業を終えて】
    試運転を兼ねて操作説明や注意事項をお話しさせていただきます。
    ディスポーザーのスイッチを入れるとキッチン水栓からお水が出るのはちょっと新鮮です。
    また安永クリーンテック社製のディスポーザーは低振動、低騒音。
    マンションへの設置がほとんどのディスポーザーなので上下階へのこうした配慮はうれしいですね。

    新しくなったディスポーザー、これからも快適に便利に長く使いいただければと思います。

    ディスポーザーに関するご相談はディスポーザージャパンまでお電話ください。

    MORE
  • 11721-1B.png

    使用していなくても…/2019/08/28/TOTO/本体交換

    横浜市緑区にあります「森の台メープルランド」にディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    お客様から「動かなくなって1年放置、とうとう水も漏れてきたんですが…」とお電話いただきました。
    ディスポーザーを作動させてくても排水の経路にはなっているのでこうした「放置して水漏れ」のケースは多いです。
    また使用年数をお聞きすると「設置から11年」のこと。
    ディスポーザーの対応年数は7~8年ですのでお客様も「交換」を希望されました。

    【現地にて】
    まずは問題のシンク下を見せていただきました。
    漏水の応急処置として置かれた容器にはかなりお水が溜まっている状態でした。
    もし異変に気付かずそのままにしていたら階下のお宅にも被害が及ぶところでした。
    早めにご連絡いただいて本当に良かったです。

    既設製品はTOTO製の自動タイプ。
    TOTOはすでに生産を中止しておりますので、適合品である安永クリーンテック社製の自動タイプとお取替えとなりました。
    新しくお取り付けする安永クリーンテック製は同じ自動タイプではあるのですが、水栓の吐水口よりお水が出るタイプ。
    現在ほとんどの機種で採用されているタイプです。このタイプへのお取替えは水栓の交換も必要となりますので今回は2時間ほどの作業となりました。

    【作業を終えて】
    取り付け後は操作の説明などをさせていただきました。
    お客様からも「ディスポーザーを痛める原因になるものとかありますか?」とご質問がありました。

    「ご使用を避けていただくものとして、繊維質の多い玉ねぎの皮や枝豆の皮はご存じかと思いますが、塩素系漂白剤も劣化させる原因の一つになります。
    シンクと本体をつなぐゴム部分や本体の劣化につながりますので、長時間のつけ置きなどはなさらないようお願いします。
    布巾やまな板の漂白や除菌などでご使用になる場合も、その後多めにお水を流してあげてください」とお願いしました。

    ディスポーザーのお困りごとは、ぜひディスポーザージャパンまでご相談くださいませ。

    MORE
PAGE TOP