0120-803-244

電話受付9:00~17:00(日・祝日除く)

お問い合わせ

戸建でディスポーザーをご検討の方

JR山手線大崎|ディスポーザーの修理・交換実績

サービスエリアは首都圏1都4県!
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城

ディスポーザーの修理・交換はお任せください

サービスエリア・実績検索

search

詳細検索はこちら

JR山手線大崎の工事実績

JR山手線大崎の工事実績をご紹介。国産メーカーのディスポーザーのことならディスポーザージャパンにお任せください。

  • image (18).jpg

    TOTO製ディスポーザーからのお取替え|安永製ディスポーザーYD200BWPAへのご交換/2020/03/18/TOTO/本体交換

    品川区にございます『ミッドサザン・レジデンス御殿山』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【ご依頼の経緯】
    TOTO製自動タイプディスポーザーをお使いのお客様からご交換のご依頼を承りました。
    TOTOはすでにディスポーザー事業から撤退しているので、適合する後継機種として安永クリーンテック製自動ディスポーザーをご案内させていただきました。
    また今回の場合、給水方式が直接流入方式(本体に直接給水)から水栓割込み方式(水栓から吐水)へと変更になりますので、キッチン水栓のご交換も必要となります。
    こちらは『商品情報』の『安永クリーンテック』をお選びいただくと対応する水栓の詳細がご確認いただけます。
    ご希望の水栓を選んでいただき交換工事にお伺いすることになりました。

    【現地にて】
    現地ではお客様に立ち会っていただき作業に入りました。
    既存のTOTO製のディスポーザーは、スイッチを入れても水だけが流れるだけで本体は動かない状態。
    お客様も「14年目ですからそろそろ交換かなとは思ってました」とのこと。
    実際、「同じマンションでも既に取り換えられている方が多くて…」とのことです。
    作業のほうはキッチン水栓をお取替えし、新しい安永クリーンテック社製ディスポーザーを設置していきます。
    今回ディスポーザーに直接お水が給水される方式ではないため、TOTO製にあった給水ホースは不要となります。
    そのため本体回りもスッキリした印象に。
    こういった水栓と同時交換の場合は2時間から2時間半ほどのお時間を頂戴しております。
    今回も約2時間で作業完了となりました。

    【安永クリーンテック】
    試運転を兼ねて操作説明や注意事項をお話しさせていただきます。
    キッチン水栓から吐水される様子に「今はこういう方式なんですね」とお客様。
    たしかにちょっと新鮮ですね。
    逆流の心配がないのでより安全な方法と言えます。
    さらにこの安永クリーンテック製ディスポーザーは本体を3点の防振ゴムが付いている低振動構造。
    低騒音、低振動で作動音は通常の会話レベルの58デシベル、1000棟以上のマンションでの採用実績があります。
    夜遅く使うときなど作動音は気になるところですよね。

    新しくなったディスポーザー、これからも快適に便利に長く使いいただければと思います。

    ディスポーザーに関するご相談はディスポーザージャパンまでお電話ください。

    MORE
  • 010731-1.jpeg

    テラル製ディスポーザーの故障|品川区のマンションで交換作業を行いました/2020/03/11/テラル(Teral)/本体交換

    品川区にございます『ブリリアタワー大崎』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    今回お電話いただきましたのは、テラル社製ディスポーザーをお使いのお客様からです。
    「ディスポーザーのスイッチを入れても作動しない。もう10年以上使っているので新しいものと交換したい」とのこと。
    一般にディスポーザーの耐用年数は7~8年と言われていますので、経年劣化による電気系統の故障も考えられますね。
    作業の日時を決めさせていただき、後日お客様宅へ伺うことになりました。

    【作業の様子】
    お客様に立ち会っていただき作業に入ります。
    お電話でお聞きした通り既存のディスポーザーはスイッチを入れても反応しません。
    「さすがに寿命だと思います」とお客様。
    さっそく本体を取り外し新しいディスポーザーをお取り付けしていきます。
    通常このような本体のご交換のみの作業で約1時間から1時間半ほどお時間をいただいております。
    今回も約1時間で作業は完了となりました。

    【作業を終えて】
    試運転を兼ねて操作説明や注意事項をお話しさせていただきました。
    「同じマンションでも交換しているお宅も多くて、そろそろ交換しようかとは思ってたんですよ」とお客様。
    ディスポーザーは電気もお水も使う設備なので大きな故障やそれによる被害が出ないうちに【予防交換】されるお客様も多いですね。

    新しくなったディスポーザーこれからも快適に便利に長くお使いいただければと思います。
    ディスポーザーのご交換のご用命は、ディスポーザージャパンまでお電話くださいませ。

    MORE
  • 68421-1.jpg

    品川区のタワーマンションでパナソニック製ディスポーザーの予防交換工事/2020/03/02/パナソニック(Panasonic)/本体交換

    品川区にございます『ル・サンク大崎シティタワー』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    「ディスポーザーを交換したいのですが…」とお客様から交換のご依頼をいただきました。
    まだ壊れてはいないものの10年を超えて予防的に交換をお考えだそうです。
    耐用年数が7~8年とされているので良いタイミングかもしれませんね。
    漏水、漏電など「深刻な被害が出てからでは遅いので」ということでした。
    今お使いのPanasonic製の最新機種KD-133V1とご交換することになりました。

    【現地にて】
    お客様に立ち会っていただき作業に入ります。
    今回は同じメーカーの後継機種ということで作業自体もスムーズです。
    通常1時間半ほどお時間をいただく本体取り換え工事も1時間ほどで完了いたしました。
    この後試運転をして動作確認、漏水チェックをして終了となりました。


    新しくなったディスポーザーこれからも快適に便利にそして安全にお使いいただければと思います。

    ディスポーザーのご交換のご用命は、ディスポーザージャパンまでお電話くださいませ。

    MORE
  • 12923-2.jpeg

    テラル社製ディスポーザーの故障|品川区のタワーマンションで工事を行いました。/2020/02/21/テラル(Teral)/本体交換

    東京都品川区にございます『ブリリアタワー大崎』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    今回お電話いただきましたのは、設置から12年のテラル社製ディスポーザーをお使いのお客様からです。
    「最近動かなくなってしまい新しいものと交換したい」とのこと。
    具体的には「スイッチを入れても全く動かない」ということです。
    作業の日時を決めさせていただき、後日お客様宅へ伺うことになりました。

    【作業の様子】
    お客様に立ち会っていただき作業に入ります。
    「フォークを入れたまま作動させてしまいそれから動かなくなって…」とお客様。
    こうした噛みこみによる不作動は噛みこんだものを除去すればよい場合もありますが、ゴムパーツに亀裂を生じさせたり回転軸に歪みが生じたりといったこともあります。
    こちらのお客様宅は設置から12年ということで本体を着脱して取り除けば、水漏れにつながるリスクもございます。

    さっそく本体を取り外し新しいディスポーザーをお取り付けしていきます。
    通常このような本体のご交換のみの作業で約1時間から1時間半ほどお時間をいただいております。
    今回も約1時間で作業は完了となりました。

    【作業を終えて】
    取り付け後には、試運転をして動作確認と漏水チェックをさせていただきました。

    新しくなったディスポーザーこれからも快適に便利に長くお使いいただければと思います。
    ディスポーザーのご交換のご用命は、ディスポーザージャパンまでお電話くださいませ。

    MORE
  • 67841-1.JPG

    水栓の交換はなぜ必要なの?TOTO製自動タイプディスポーザーの交換工事/2020/02/13/TOTO/本体交換

    東京都品川区にございます『ミッドサザン・レジデンス御殿山』へディスポーザー交換工事にお伺いいたしました。

    【お電話にて】
    「10年以上使っているTOTO製のディスポーザーが動かなくなって…」とお電話いただきました。
    お使いの機種はTOTO製の自動タイプで設置から13年が経っています。
    お客様もご交換をご希望でしたので適合後継機種の安永製YD-200BWPAと、今回は同時に水栓のご交換も承りました。
    この水栓の同時交換は、TOTO自動タイプディスポーザーからのお取替えの場合給水方式が変更になるため必要な工事となります。
    水栓は人気のグースネックタイプ、グローエ社のゼドラをお選びいただきました。

    【現地にて】
    作業当日はお客様宅に伺いさっそく交換作業に入ります。
    今回は水栓との同時交換ですので2時間半ほどお時間を頂戴いたしました。
    取り付け後には試運転をし動作確認と漏水チェックをして作業完了となりました。

    【給水方式の違いとは】
    今回のようにTOTO製ディスポーザーをお使いのお客様から「どうして水栓の交換が必要になるの?」とよくご質問をいただきます。
    自動タイプのディスポーザーの場合、現在の主流はキッチン水栓から吐水される【水栓割込み方式】です。
    今回お取り付けした安永製のディスポーザーもこの方式となっております。
    これに対しTOTO製は【直接給水方式】といってディスポーザー本体に給水ホースが直結してお水が直接流れ込むタイプです。
    この方式の違いにより水栓の交換が必要となるわけです。

    なお対応水栓は【商品情報】ページの【安永クリーンテック】からご覧いただけます。

    ディスポーザーのお困りごと、ご相談はディスポーザージャパンまでお電話くださいませ。

    MORE
PAGE TOP